バレンタインデー 2008-初の日本式バレンタイン!?

全くの私事ですが、このサイト『チョコレート・お菓子日記』ですので2008年のバレンタインデーについてなど書いています。「初の日本式バレンタイン!?」


スポンサードリンク

バレンタインデー 2008-初の日本式バレンタイン!?その1

私がドイツに来て以来、郷に入らば郷に従え-に習い、彼、そして現在の夫から花束などををいただくことはあっても、私がチョコレートを渡すことは全くと言って良いほどなかった。


そして今年。


日頃オットから「ボクは日本人と結婚しなかったね。」とチクリやられている私は、バレンタインデーの翌日からチョコレートの美味しそうではない国へ出張に行くオットに、今年は日本式に私からもチョコレートを贈ろう♪と我ながら良いアイデアが浮かんだ。笑


ちなみに私がチクリ言われるのは、どうやら私があまり日本食を作らないかららしい。(日本人が日本食ばかり食べている、これこそが偏見!結構多国籍の料理を作るのではないのでしょうか。日本風にアレンジしたりと。←オットはこれが好きではない。。。 ブツブツ。。。色々と作る私こそこの典型的だと思うのだけどなあ。ブツブツ。。。)


それはさて置き、早速どのチョコレートを贈ろうかと頭を巡らす。慣れない土地へ行くのだからまだ知らないチョコレートではなく、そう、最近食べて感動したチョコレートで、また食べたいと思わせたチョコレートにしよう。そうしたら、とても簡単に決まった。


私が選んだのは、
ヴェンキ・ブレンドピュア 85% カカオ
はたまたヴェンキのキュボット チョキャビア エクストラ フォンダンを詰め合わせ、
シュタイナーのチリとパイナップルのダークチョコレートを加えた。


詰め合わせではないので、なんだかバラバラに見えるけど、よく見ると全てイタリア勢。ああ、私も食べたい。。。昔、父が持って返ってきたチョコレートを食べていたように、私にも分けてくれるかな、、、イケナイ、イケナイ、こんなことを考えていたら顔に出てしまう、なんて思いながらオットが喜んでくれるかなと楽しみにしていた。


小さめのカードを選び、「出張先でも美味しいチョコレートがあるように」と書き添え、準備終了。


オットは絶対に驚くに違いない!楽しみ~。オットに渡す初めてのバレンタインチョコレート!と思っていたら、厳密には初めてではないことを思い出した。 (18/02/2008)


つづく


スポンサードリンク

ページTOPに戻る▲

copyright© 2007 ドイツお菓子日記 -チョコレート・ショコラーデ・ショコラ情報-all rights reserved