ドイツのバレンタインデー

もうすぐ2月14日、バレンタインデーですね。と言うことでドイツのバレンタインデーについて書いみます。


スポンサードリンク

ドイツのバレンタインデー

ヴァレンタインデー











ドイツのバレンタインデー(Valentinstag/ヴァレンティンsターク)は、男性から女性にそしてお花を贈るのが一般的です。 お花に加え、小さなプレゼントが付随する場合もあるようですが、これは絶対ではないようです。


この時期ドイツのお花屋さんは、バレンタインデーに向け赤色やハートを中心に素敵にデコレーションされているのが見受けられます。


気になる日本とのバレンタインデーの違いは、日本が女性から男性にプレゼントするのがドイツでは男性が女性にという違い、 そして日本ではチョコレートを渡すのに対しドイツではお花。こちらが大きな違いなのですが、私が強く感じる違いは、、、


ドイツでは男性がそのパートナー、つまり恋人又は妻に愛情を表す日で、つまりバレンタインデーはカップル間のお話であると言うこと。 そのため日本にある「初めての愛の告白をする日」ではないので、初めての告白するほうのドキドキ感そして告白されるほうのドキドキ感又は、 チョコレート今年はもらえるかな(誰かから告白されるかな)?というドキドキ感がありません。私はここに一番の違いを感じます。


そしてバレンタインデーがドイツではカップル間の話なので、いわゆる「義理」が存在しません。 形式だけ、表面的だけ、しきたりだからという意味での「義理」(rein formell)やお情け(Mitleid)という意味合いでも「義理」の存在は、 ドイツではバレンタインデー以外で一般的に見ても少ないように思われます。


でももし日本でこの「義理チョコ」が無くなってしまったら、嬉しいような悲しいような、、、立場によって様々な心境ではないでしょうか。 そういえば、日頃お世話になっている感謝の気持ち、というものもありますね。


色々なバレンタインの形があると思いますが、皆様が素敵なバレンタインデーを迎えられますように♪ (08/02/2008)


つづく


スポンサードリンク

ページTOPに戻る▲

copyright© 2007 ドイツお菓子日記 -チョコレート・ショコラーデ・ショコラ情報-all rights reserved