GILGEN ギルゲン

GILGENはバーゼルに行くと必ずと言ってよいほど行く「パン・ケーキ屋」さん。ケーキと言ってもクリームがのったりするケーキではなく、「菓子パン」と言ったらすごく安っぽく聞こえてしまうのだけれど、小麦粉ベースのケーキ、例えばザンドクーヘンとか、とにかくパン・ケーキ類はとてもおいしい。板チョコレートあり。


スポンサードリンク

GILGEN ギルゲンの特徴などなど

プレゼント

パンだけでなくパン菓子もどれもとてもおいしく、チョコレートもおいしいのでは?と期待して購入。 いかにも手作りな板チョコレートは2,3では終わらない種類を揃えている。率直に言うといくつあるか数え忘れてしまった。


素朴で見るからに手作りなパッケージ、デザインは同じだけどショコレートの種類によって色が違っているところが良い。デザインもバーゼルの空からお店のある通りが描かれ、お店の部分の色が抜かれていて白で強調されている。お店のロゴも入ってバーゼルとお店に対する愛を感じるパッケージ。

ギルゲン チョコレート ギルゲン チョコレート ギルゲン チョコレート


スポンサードリンク

ギルゲンの種類

ギルゲン チョコレート
EXTRA-RAHMFUELLUNG 
生クリーム詰め
種類 ダークチョコレート
容量 板チョコ 100g
特徴 生クリーム使用

評価     (5点★★★★★満点)
イノベーション ★★★☆
★★★★☆
★★★☆
プレゼンテーション ★★★☆
コストパフォーマンス ???
再度購入? ★★☆

箱にもどこにも何パーセントのカカオ含有量なのか書いていないので分からない。おそらく50~60%位でミルクも入っていると思われる。外側のチョコレートは甘くなくカカオのほろ苦さが少しして、中身のちょっとカカオ色のした乳脂(クリーム)がほんのり甘く口ですっととろけるおいしいチョコレート。最後にカカオの苦味が口に残る。どの材料をとっても質の良いもの。クリームがすごく好みと言うわけではないのと(ではなぜ買ったのだ?→急いでました。)、他をまず試したいと言うことも少し入って再度購入の点は高くない。 (03/01/08)

ギルゲン チョコレート ギルゲン チョコレート ギルゲン チョコレート


スポンサードリンク

ページTOPに戻る▲

copyright© 2007 ドイツお菓子日記 -チョコレート・ショコラーデ・ショコラ情報-all rights reserved