Feodora フェオドーラ

Feodora (フェオドーラ)と言う名前は、最後のドイツはプロイセンの女帝の妹、プリンセス フェオドーラに由来している。1910年にこのプリンセス フェオドーラのサインが、商標として利用許可が下りる。ドイツはブレーメンで自社工場のみでチョコレートを作り続ける会社。


プリンセス フェオドーラのイメージの通り、フェミニンで魅力的、そして高貴なイメージのあるチョコレートとプラリーネン(ボンボン・ショコラ)。


スポンサードリンク

フェオドーラの特徴などなど

何の変哲も無い板チョコのパッケージ。色は卵色で、プリンセス フェオドーラのフェミニンなサインにとても合っている。この封を開けると、銀紙はハッチェスでも見られたように、チョコレートのエッジに沿って鋭く切られている。(包んだり折り曲げられたりしていない、と言う意味で。)上からの銀紙がチョコレートを包むようになっている。チョコレートのかけらごとに、フェオドーラのサインが彫られている。


値段はパッケージに書かれていない。ドイツのチョコレートによくある、値段の書いてある部分を切り取れるシステムは付いていない。

フェオドーラ チョコレート フェオドーラ チョコレート フェオドーラ チョコレート



フェオドーラの種類

フェオドーラ ミルクチョコレート
Vollmilch Hochfein
最上等ミルクチョコレート
種類 全乳ミルクチョコレート
容量 板チョコ 100g
特徴 37% カカオ使用

評価    (★★★★★5点満点)
イノベーション ★★
★★★☆
★★★★
プレゼンテーション ★★
コストパフォーマンス ★★★★
再度購入? ★★★★

美味しいミルクチョコレート。味も外見と同様にひっそりと上品な味。甘いけど、甘すぎない。とろける。夫は食べたくなる時があるよう。私はどちらかと言うと、同じチョコレートでも、小さく薄い板チョコの箱にたくさん入った詰め合わせが好き。(16/06/07)フェオドーラは私が言葉で表せないほんのりと独特の香りがある。(07/10/07)

フェオドーラ アーモンドチョコレート
Mandelsplitter in Vollmilch
ミルクアーモンドチョコレート
種類 全乳ミルクチョコレート
容量 板チョコ 100g
特徴 37% カカオ使用

評価    (★★★★★5点満点)
イノベーション ★★☆
★★★☆
★★☆
プレゼンテーション ★★
コストパフォーマンス ★★★
再度購入? ★★☆

包みを開けると甘いミルクチョコレートの香り。甘すぎないミルクチョコレートでアーモンドも多すぎず少なすぎず良い具合で入ってる。アーモンドは丸ごとではなく細長い破片。ミルクチョコレートもそうだけど、フェオドーラは私が言葉で表せないほんのりと独特の香りがある。夫はプレーンなミルクチョコレートの方が好きらしい。(07/10/07)


スポンサードリンク

ページTOPに戻る▲

copyright© 2007 ドイツお菓子日記 -チョコレート・ショコラーデ・ショコラ情報-all rights reserved