Cote D'Or コート ドール

1883年、ベルギーに誕生する。理想のカカオ豆を追い求め、出会ったのが西アフリカのゴールドコースト、フランス語で「Cote D'Or」。この地名をブランド名に、そしてアフリカの象徴である白像をシンボルにしました。ちなみにこの土地は現在のガーナです。


チョコレートの国ベルギーでは圧倒的なシェアを誇り、王室御用達のチョコレートメーカー。いまや世界中の人々をも魅了している。


「ベルギー王室御用達」チョコレートとは?

「ベルギー王室御用達」チョコレートと良く耳にしますが、よく分からなかったので調べてみました。


現在、王室御用達のチョコレートメーカーは、以下の6社。


  • Mary メリー(1942年~) 日本のメリーとは関係ない。
  • Cote D'Or コードドール(1965年~)
  • Godiva ゴディバ(1968年~)
  • Galler ガレー(1994年~)
  • Neuhaus ノイハウス(2000年~)
  • Wittamer ヴィタメール(2000年~)
  •  

ベルギー王室御用達への道はなかなか厳しく、一度認証されるとその有効期限は5年で、5年経過するたびに再審査されるそうです。


この中でお気軽にスーパーマーケットでお手ごろに買えるのは、このコートドールのチョコレートだけではないでしょうか。(Gallerもかな?)そして1965年以来、品質管理を怠っていない、そして手頃なお値段で提供している。ベルギーで圧倒的なシェアを誇っているのもうなずけます。


ページTOPに戻る▲

copyright© 2007 ドイツお菓子日記 -チョコレート・ショコラーデ・ショコラ情報-all rights reserved