Cailler カイエ

「カイエ」を外して、スイスのチョコレートを語ることは出来ない。19世紀、ヨーロッパではチョコレート作りは、職人の手によりカカオの焙煎から練り粉状に挽くまで、すべてが手作業で行なわれていました。当時、北イタリアでチョコレート製造を学んだスイス人、 カイエ社の創業者フランソワ・ルイ・カイエにより、スイス初のチョコレート工場が作られ、チョコレートは徐々に一般市民にも手の届く商品に。


1929年スイスで育児用食品を開発して始まったネスレ、現在の大食品会社と合併する。現在もスイスでは、とても人気のあるチョコレートでです。


スポンサードリンク

Cailler カイエの特徴などなど

カイエ 新パッケージ

まずは、2006年2月にリニューアルされたパッケージの失敗について。スター建築家といわれているJean Nouvel氏にデザイン依頼、高級感ある赤く透き通った長方形のハードパッケージが出来上がる。この包装に使われているポリエステル樹脂(PET)は、ペットボトルとは異なり、リサイクル不可能。消費者団体に非難され、商品の値上げも行われたため、売り上げが大幅に落ち込こみ、結局、元の紙パッケージに戻す、とのこと。とのこと、と言うのは私が購入したのはその年の9月か10月だったからだ。


そのとき、その問題を知らずに板チョコ計12枚のうちの8枚を購入。こちらもJean Nouvelのデザインなのだろうか。左の写真のパッケージは、紙でできているけれど、こちらもリニューアルされている。そして右の写真のチョコレートは、重さは同じ100gだけれど、厚さが違い薄めになっているため、チョコレートの表面積が大きい。こちらがプラスチックのパッケージに、リニューアルされたのだか、何とかリサイクルできるプラスチックで作り直せないのだろうか。デザインが美しいからだ。続きは、こちら

カイエ チョコレート カイエ チョコレート

Cailler カイエの種類-板チョコ-classique

カイエ ミルクチョコレート
LAIT-MILCH ミルクチョコレート
種類 ミルクチョコレート
容量 板チョコ 100g
特徴 3?% カカオ使用

評価        (5点満点★★★★★)
イノベーション ★★
★★★★
★★★★★
プレゼンテーション ★★★
コストパフォーマンス ★★★★★
再度購入? ★★★★★

とっても甘く、でも後にそれ程残らない甘さでミルクの味が美味しい。甘いのだけど、食べ始めコーヒーのような香り。最後にチョコレートを食べたという満足感が残る。コストパフォーマンスがとても良いので、5枚入り1パックを見つけると購入。 (2006)

カイエ ミルクチョコレート カイエ ミルクチョコレート カイエ ミルクチョコレート



カイエ チョコレート ミルクナッツ
LAIT NOISETTES-MILCH NUSS
ナッツ入りミルクチョコレート
種類 ミルクチョコレート
容量 板チョコ 100g
特徴 3?% カカオ使用
ハーゼルナッツ入り

評価        (5点満点★★★★★)
イノベーション ★★
★★★★
★★★★★
プレゼンテーション ★★★
コストパフォーマンス ★★★★★
再度購入? ★★★★☆

チョコレートはミルクチョコレートと同じものだろう。とても美味しい。そしてカリカリと香ばしい、そして丸ごとたくさん入っているハーゼルナッツ。美味しいけど、ナッツを食べ過ぎると吹き出物がっ!注意をしなくては。 (2006)

カイエ チョコレート ハーゼルナッツ



カイエ チョコレート チョッックメル
Chocmel チョッックメル
種類 ミルクチョコレート
容量 板チョコ 100g
特徴 3?% カカオ使用
アーモンド、はちみつ入り

評価       (5点満点★★★★★)
イノベーション
プレゼンテーション
コストパフォーマンス
再度購入?

はっきりと味が思い出せないので評価は次回。 (2006)


カイエ チョコレート エアー
AIR エアー
種類 ミルクチョコレート
容量 板チョコ 100g
特徴 3?% カカオ使用

評価       (5点満点★★★★★)
イノベーション ★★★
★★★★
★★★★
プレゼンテーション ★★★
コストパフォーマンス ★★★★
再度購入? ★★★

ミルクチョコレートと同様、とても美味しい。チョコレートにエアー(空気)を吹き込んで空気の泡がチョコレートに入っている。パッケージリニューアルの際、Airのパッケージはすごく良くなった。(2007年7月現在まだカイエのサイトで昔のパッケージが見れる。)泡のため板チョコの厚さも上記のものより厚め。美味しいけれど、下のはちみつヌガーの方が面白く、こちらはあまり購入しない。プレーンを楽しむなら、プレーンなミルクチョコレートを食べるし。カイエのサイトのAirの所に、「一瞬夢を見るために、そして日常から逃避するために。」とある。Airにぴったりの宣伝文句だ。 (2006)



カイエ チョコレート はちみつヌガー
RAYON MILCH
はちみつヌガー入り
種類 ミルクチョコレート
容量 板チョコ 100g
特徴 3?% カカオ使用

評価       (5点満点★★★★★)
イノベーション ★★★
★★★★
★★★★
プレゼンテーション ★★★
コストパフォーマンス ★★★★★
再度購入? ★★★★☆

こちらも同様とても美味しい。上のAirのはちみつヌガー入り。ほんのり蜂蜜の甘さが効いていて美味しい。ヌガーは細かく、歯にくっつき易いのが難点。フレイバーがある文Airより面白みがある。 (2006)




スポンサードリンク

ページTOPに戻る▲

Cailler カイエの種類-板チョコ-fines

カイエ チョコレート
NOIR CACAO EXTRÈME 74%
種類 ダークチョコレート
容量 板チョコ 100g
特徴 74% カカオ使用

評価       (5点満点★★★★★)
イノベーション
プレゼンテーション
コストパフォーマンス
再度購入?

食べてから時間が立ちすぎて、はっきりと書くことができないので評価は控えます。いまいち美味しくなかった印象がある。 (2006)

カイエ チョコレート ブラン


カイエ ダークチョコレート キャラメル
NOIR ÉCLATS DE CARAMEL
キャラメルの欠片入り
種類 ダークチョコレート
容量 板チョコ 100g
特徴 64% カカオ使用
キャラメル入り

評価       (5点満点★★★★★)
イノベーション ★★★☆
★★★
★★★☆
プレゼンテーション ★★★★★
コストパフォーマンス ★★★
再度購入? ★☆

割るとカカオの香り。チョコレートには少し苦味があり、酸味はもっと少ない。チョコレートもとろけて悪くない。そしてこのキャラメルも濃厚なキャラメルの味がして、すごく美味しい。でもなぜ点数がよくないかと言うと、この組み合わせが問題だと思う。少し苦めのダークチョコレートと甘いキャラメル、そしてとろけるチョコレートと歯ごたえもあるキャラメルは一見、とても良い組み合わせだけど、それに実際美味しくもなるのだろうけれど、このチョコレートに関して言えば、あまり上手くいっていないと言うしかない。残念。 (05/2006)

カイエ チョコレート キャラメル カイエ チョコレート キャラメル



カイエ ダークチョコレート ジャスミン
TEÉ NOIR SAVEUR JASMIN
ジャスミン香つき紅茶の顆粒入り
種類 ダークチョコレート
容量 板チョコ 100g
特徴 54% カカオ使用
ジャスミンの香り

評価       (5点満点★★★★★)
イノベーション ★★★★
★★★☆
★★★★
プレゼンテーション ★★★★★
コストパフォーマンス ★★★★☆
再度購入? ★★★★

ジャスミンの香りがかなり強い。ほのかにジャスミンの香り、と言うのは難しいのかな。一見キャラメルのように見える紅茶を顆粒にした砂糖(かな?)はカリカリするというより、かなりやわらかい。そのときの温度にもよるけど。これを噛むと紅茶の味もしてきて、そのあと一気に再びジャスミンの香りが口に広がる。チョコレートの味は控えめで、ジャスミンと紅茶を引き立てることに徹している。甘さをそれ程感じないけれど、苦味も酸味も無しに等しい。ダークチョコレートにしてはやはり甘い。 (05/2006)

カイエ チョコレート ジャスミンティー カイエ チョコレート ジャスミンティー



カイエ チョコレート ブラン
PUR EXTRÉME
エクストリーム ピュア
種類 ホワイトチョコレート
容量 板チョコ 100g
特徴 3?% カカオ使用入り

評価    (5点満点★★★★★)
イノベーション ★★★
★★★
★★☆
プレゼンテーション ★★★★★
コストパフォーマンス ★★★
再度購入? ★★

このクラスの値段では、やはり美味しいホワイトチョコレートは無理なのだろうか。すごく美味しい!とは言いがたい。でもこの値段を裏切ってはいない。こちらもこれ以外、詳しい味などは覚えていないので次回に。 (2006)

カイエ チョコレート ブラン



カイエ チョコレート ブラン キャラメル
CARAMEL キャラメル
種類 ホワイトチョコレート
容量 板チョコ 100g
特徴 3?% カカオ使用 キャラメル入り

評価     (5点満点★★★★★)
イノベーション ★★★
★★★
★★★
プレゼンテーション ★★★★★
コストパフォーマンス ★★★
再度購入? ★★☆

上のホワイトチョコレートよりこちらが美味しい。悪くはないけど美味しいに今一歩なホワイトチョコレートに、キャラメルが加わったことによって美味しさが増したよう。こちらも詳しい味は忘れてしまったので次回。 (2006)

カイエ ホワイトチョコレート キャラメル



スポンサードリンク

ページTOPに戻る▲

Cailler カイエの種類-板チョコ-fourrées

カイエ チョコレート ジャポネ
JAPONAIS ジャポネ
種類 ミルクチョコレート
容量 板チョコ 100g
特徴 3?% カカオ使用入り

評価   (5点満点★★★★★)
イノベーション ★★★
★★★
★★★
プレゼンテーション ★★★★
コストパフォーマンス ★★★
再度購入? ★★

とにかく口でとろける。味は悪くないけど、何味なのか良く分からない。割ってみても、 パッケージの絵を見ても、色といいクッキー入りに見えるけれど。。。ライス入り?一体なぜジャポネなのだかさっぱり分からない。次回もう少し詳しく見る予定。 (2006)

カイエ チョコレート カイエ チョコレート




ページTOPに戻る▲

copyright© 2007 ドイツお菓子日記 -チョコレート・ショコラーデ・ショコラ情報-all rights reserved